中標津 標津 足寄 阿寒 道東滝見ツアー 4日目

クテクンの滝への道は遠かった

道東滝見ツアー4日目。

朝3時40分起床。異常に早く目が覚めて、もう一眠しようとするが眠れない。というか、車中泊が3日も続くと体が痛い。うだうだしながら昨晩の内に買っておいたコンビニ弁当を食べる。

5時35分、開陽台を出発。目指すは「クテクンの滝」。6時15分、林道終点着。ここから先、どう進んでいいかわからず撤退。

技量も装備もなくクテクンの滝に行けるとは思っていなかったので、そういう意味では予定通り。

クテクンの滝へは翌年の6月に見ることができました。そのときの記録を下からどうぞ。

クテクンの滝 (中標津町) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

金山の滝では蚊に悩まされる

このあと「金山の滝」へ。国道沿いに駐車場があり、手軽に見ることができた。

しかし、まだ6月に入ったばかりだというのに、こんなに蚊に悩まされるとは思っても見なかった。一応蚊取り線香をリュックにぶら下げていたものの、ほとんど役に立っていない。おかげで撮影がないがしろになってしまった。

蚊に悩まされながら撮影を終えたのが9時過ぎ。

金山の滝 (標津町) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

足寄経由で釧路に向かう

オンネトー湯の滝と白藤の滝

さて、このあとどうしようか?もうこの近くで手軽に見られる滝はない、というか下調べをしていない。

この近辺での滝見はもはやギブアップだが、今日は釧路で泊まることをきめていたので、かなり遠回りにはなるが「オンネトー湯の滝」「白藤の滝」をみて釧路に向かうことにする。

オンネトーの方は、滝そのものはそうでもなかったが、初めて見るオンネトーの青さ、滝までの遊歩道に感動。白藤の滝は、「これぞ滝だ」といってもおかしくない風情にただただ感動。

ただ、赤土の崖をおちているのになぜ「白藤」なのかという疑問が残ってしまったが・・・。とにかく思いつきでいった割には、両滝とも満足できるものとなってよかった。

オンネトー湯の滝 (足寄町) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

白藤の滝 (足寄町) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

太郎湖の滝を探しに雄阿寒岳登山道を歩くが・・・失敗

足寄の2滝を見たあと、阿寒湖畔に戻る途中「そういえば太郎湖から落ちる滝がある」とのネット情報を思い出す。この時点で13時を過ぎたばかり。釧路に行くにはたっぷり時間があるので探索してみることにする。

とはいったものの、滝がどこにあるかは全然わからない。とりあえず太郎湖の周辺を回ることにする。

雄阿寒岳登山道が太郎湖の脇を通っているようなので進んでみる。至る所で水がわき出ているが、滝と呼べるものは見つからない。太郎湖を越えたところで引き返す。

戻る途中阿寒湖をめぐる遊覧船を見かける。結局滝は見つからなかったが、この登山道探索はなかなかおもしろかった。また来てみたい。16時近くなったので、滝をあきらめ釧路へ向かうことにする。

国道241号線滝見橋から太郎湖を見る

国道(241号線)を走って間もなく、滝見橋という橋を渡る。「滝見橋」?もしかすると・・・と思ってすぐ引き返して、適当なところに車を止め(駐車場はなく、路肩の広くなっているところを探した)

橋から下をのぞいてみると・・・、それほど急ではないが滝状の流れが川幅いっぱいに見ることができる。おそらくこれがめざしていた滝であろう。すっかりあきらめていたので、やった!という感じ。それにしてもこんなに簡単に見ることができるとは思っても見なかった。

橋の上からはもちろん、川っぷちまでおりて(簡単に下りられる)撮影し、思い残すことなく釧路へ向かう。釧路市街へ入る前に「山花温泉リフレ」で汗を流し、末広界隈で飲んで食べて、河畔駐車場で車中泊。今日の走行距離:292.5km。

太郎湖の滝 (釧路市 旧阿寒町) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする