[Mac]スクリーンショット〜保存先とファイル名変更

はじめに

Macでスクリーンショットを撮るとデスクトップに保存されます。1,2枚なら整理するのも苦になりませんが、何十枚もたまってくるとデスクトップが煩雑になり、整理するのも大変です。

また、スクリーンショットで保存されるファイル名はデフォルトで「スクリーンショット+年-月-日 時.分.秒」と、とても長くなります。そこで「スクリーンショット」という文字列を削除し、「年-月-日 時.分.秒」だけのシンプルなファイル名にしてみました。

mac-screenshot

Macのスクリーンショット 保存先の変更

デスクトップが煩雑になるの避けることを第一義に、Picturesフォルダにスクリーンショット専用のフォルダをつくり保存することにしました。

以下、ターミナル(Terminal.app)での作業になります。

  1. pictureフォルダ内にScreenShotフォルダを作成
  2. $ mkdir Pictures/ScreenShot

  3. 保存先の変更
  4. $ defaults write com.apple.screencapture location ~/Pictures/ScreenShot

  5. 設定の反映
  6. $ killall SystemUIServer

これでPictures内のScreenShotフォルダにスクリーンショットが保存されるようになりました。

Macのスクリーンショット ファイル名の「スクリーンショット」を削除する

スクリーンショットのデフォルトのファイル名は

スクリーンショット 年-月-日 時.分.秒

で、個人的にはすべてのファイルに「スクリーンショット」という文字が入るのがいやでした。なので、キャプチャーした時間だけをファイル名にしてみました。

これもターミナル(terminal.app)での変更になります。手順は一つだけです。

  1. 文字列を削除
  2. $ defaults write com.apple.screencapture name “”

以上で、ファイル名が「2017-12-16 11.34.13」とシンプルになりました。

ちなみに、「スクリーンショット」の文字列をたとえば「capture」に変更したい場合は

$ defaults write com.apple.screencapture name capture

とすれば、ファイル名は「capture 2017-12-16 11.34.13」となります。

また、デフォルトに戻したい場合は

$ defaults write com.apple.screencapture name スクリーンショット

とすれば、元に戻ります。

Macのスクリーンショット ファイル名の年月日時分秒を削除する

上ではファイル名を削除してみましたが、逆に「キャプチャーした時刻はいらないよ」ということがあるかもしれません。その場合はターミナルから

$ defaults write com.apple.screencapture include-date -bool false

とすれば、ファイル名の後ろに連番の数字が付く形で保存されます。

デフォルトに戻したい場合は

$ defaults delete com.apple.screencapture include-date“`

Macのスクリーンショット 保存するファイル形式を変更する

Macでスクリーンキャプチャーするとデフォルトでは「png」形式で保存されます。これを下のファイル形式に変更することが可能です。

  • jpg
  • gif
  • pdf
  • png
  • bmp
  • tiff

ターミナルから

$ defaults write com.apple.screencapture type ファイル形式

としたあと、設定を反映させるために

$ killall SystemUIServer

とすればオーケーです。pngの代わりにjpgに変更するのが一般的でしょうか?

最後に

この設定のおかげで、いくらスクリーンキャプチャーしてもデスクトップが汚くなることはなくなりました。また、ファイル名もすっきりしてキャプチャー作業がはかどります。

なお、1日分のスクリーンショットは別フォルダーに移動して整理することで~/Pictures/ScreenShotフォルダー内が煩雑になるのを防いでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする