ESCAPE R3 ドロップハンドル化その1〜ドロハンにブレーキレバーとシフターを取りつける

ESCAPE R3のドロハン化開始。今日は、ハンドルバーに、ブレーキレバーとバーエンドコントローラ(以下、バーコン)を取りつける。

ダイアコンペ 287Vの取り付け

最初に取りつけるのは、ブレーキレバー(当たり前だが、バーコンを先につけると、レバーが入らない)。ブレーキレバーには左右の区別が(たいていは)ある(はず)。

287Vには左右がある

ダイアコンペの287Vにはある。下の画像のように、「L」「R」の文字が、ラバー部分に刻印されている。

ダイアコンペ 287V 左

ダイアコンペ 287V 左

ダイアコンペ 287V 右

ダイアコンペ 287V 右

(お断り:このページの画像は、ほとんどがピンぼけとなっている。アップでとる時にマクロを設定しなかったため・・・あしからず 🙇)

287Vの固定方法

取付は、至って簡単。リングをゆるめてハンドルバーに通し、所定の位置で固定する。締めたりゆるめたりする方法は、左画像の赤で囲った隙間にアーレンキーを突っ込んで回せばよい。

ただし、アーレンキーの長い方を入れないと届かないので、短い方を手で回すだけでは、(普通の人の力だと)締め付けが足りない。ペンチなど、工具を使って回す必要がある。ハンドルバーの下ハンに対して、平行に取りつけるのはいうまでもない。

TNIエルゴシャローに287Vを取り付けた

TNIエルゴシャローに287Vを取り付けた

取り付ける位置は、実際にのってみないとわからないので、これも一般的にいわれている(?)ブレーキレバーの下端が、下ハンの延長にくるよう取りつけておいた。

仮留め

取り付け位置は仮



バーコン(バーエンドコントローラー) SL-BS77の取り付け

次にバーコン。これはリア用とフロント用で構造が異なる(当たり前のことばかり言っている・・・ 😥 )。とりあえず、サドル側から見て右側にリア用、左側にフロント用を取りつけることにする(たいていはそうなっているはず)。

リア側のとりつけ

まず、リア用の取付。取付台座をハンドルバーに差し込み、アーレンキーで締め付ける。ノーマルステム(クイルステム)を固定する時と、同じ理屈のようだ。

SL-BS77取り付け1

シフトレバーをつけた時、下ハンと平行になるようにする。

SL-BS77取り付け2

レバーを固定する金具を取りつける。

SL-BS77取り付け3

レバーを回転させる(?)金具をつける。

SL-BS77取り付け4

インデックス/フリクションの切替がついたレバーをネジ止めする。注意する点は、レバーを固定するまで、インデックス/フリクションの切替を操作しないこと。デフォルトではインデックスモードになっているので、固定するまでは、フリクションの方に回さないこと。

SL-BS77取り付け5
これで、リア側の取付は終了。

フロント側の取り付け

フロント側も、リア側と同じ手順で作業する。こちらは、フリクションモードでの動作しかないので、ある意味簡単。

SL-BS77取り付け6

TNIに287VとSL-BS77がついた

ブレーキレバーとバーコンがついたハンドルバー。ま、ここまでは取説を読みながらやれば、それほど困難なことはない(あ、ダイアコンペのブレーキレバーには取説がついていなかった・・・ 🙁 )。

TNI+287V+SL-BS77

問題はここから。とりあえず今日はここまでにして、明日、ハンドルバーをESCAPEに取りつけることにする。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする