ESCAPE R3のドロップハンドル化を考えてみた

ESCAPE R3ドロップ化の方針

MU SLをドロップ化する部品を目にして、ESCAPE R3をドロップ化したくなった昨日(MU SLドロップ化パーツ納品のページ参照)。

ESCAPE R3のドロップ化については、ずいぶん前、9速化した時から考えていたことなので、ここで簡単に方針をおさらいしておくことにする。

大前提=なるべく安く

まず、大前提となるのは、金は極力かけない。

ブレーキレバーはダイアコンペの287V

上記により、最低でも¥20k以上はかかるSTIを使うことはありえない。

加えてSTIとブレーキの相性の問題もある。STIで、ESCAPE R3デフォルトのミニVブレーキを引くことは、できなくはないが、調整がシビアになるとのこと。

ブレーキレバーは、昨日納品されたダイアコンペの287Vを使用する。


シフターはバーコンを

シフターは、バーエンドコントローラ(バーコン)を使う。

ランドナーのように、Wレバーを使うことも考えたが、ESCAPE R3のフレームには、取りつけ用の台座がないし、そもそも、対応する製品がほとんどないので、STIを使わない前提がある以上、バーコン以外の選択肢がない。

シマノの9速用のバーコン「SL-BS77」という製品があるので、これが第一候補。後は9速の他、フリクションモードで9速以外でも対応可能。前は、トリプル、ダブル兼用(フリクションモード)となる。


ダイアコンペのバーコンもある。これはフリクションモードしかないが、逆に、段数に関係なく対応するので、デフォルトのESCAPE R3をドロップ化する際は、シマノに比べて多少安いので、選択肢に入れてもいいかもしれない。


ハンドルはリーチに気をつける

最後にハンドル。これを考える時に重要なことは、リーチが長すぎないこと。

やってみないとわからないが、フラットバーハンドルを前提に作られたESCAPE R3に、たとえば標準的な100mm程度のリーチをもつドロハンをつけると、ハンドルが遠くなり、ステム長では調整できない可能性があるという書き込みもある。

そんなことから、なるべくリーチの短いTNIというメーカーのものを使うことになりそう。この場合、ステムも変更しなければならない。

参考にさせていただいたサイト〜御礼

ざっくりとまとめてみたが、主に下の気まぐれ?自転車☆生活さんのページを参照させてもらった。この場を借りて、お礼申し上げます。

気まぐれ? 自転車☆生活 -MTBにドロップハンドル-気まぐれ? 自転車☆生活 -MTBにドロップハンドル-




(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする