飛行機輪行でDAHONスリップカバーは使えるか確認した

飛行機輪行でスリップカバーが使えるかがわからない

東京出張のついでに都内ポタリングを思いついてから、一つ気になることがあった。

今年8月に購入したDAHONのスリップカバーで、飛行機輪行ができるかどうか?JRなどの鉄道輪行で、スリップカバーを使った話は、ネットでもよく見かけるのだが、飛行機輪行となると、ほとんど見かけない。逆に「飛行機で使うのはきびしいかも・・・」という書き込みがあったりする。

出発当日、「これはだめです」といわれたらどうしようもないので、スリップカバーをかぶせたMU SLを、空港に持っていき、係の人に直接聞いて確かめることにした。スリップカバーを買ってから、実際に使ったことがないので、本番前のリハーサルの意味合いを含めて。

※ 上の写真は16インチ用。管理人が購入したのは20インチ対応。

MU SLを運ぶコツ

MU SLを折りたたんで、そのまま千歳空港まで車で運ぶ。

空港の駐車場からターミナルビル入口まで、スリップカバーはかぶせず、折りたたんだままサドルをもち、タイヤを転がして進む。両輪を一緒に転がすと、まっすぐ進んでくれない。どちらか一方の車輪で回すようにすると、スムースに直進する。

ちょっとコツが必要だが、持って運ぶよりははるかに楽。この方法が使えるのは、DAHONではMU SLかヘリオス SLくらいか?(この辺ちょっとあいまい)。

MU SLを空港ビル内で運んだ

ターミナルビル入り口前で、スリップカバーをかぶせる。飛行機に乗せる状態にしたので、フレームを手でもって運ぶ。

ANAの便を予約してあったのだが、入口を間違えて、JALのカウンター前に出てしまった。ANAのカウンターまで、300mくらいはあるだろうか?その距離を、一度も休むことなく、楽々移動できた。さすが、MuのSuper Light。輪行用として、MU SLを選んで本当に良かった・・・と、実感!。

スリップカバーは飛行機輪行に使える

で、ANAの手荷物預かりカウンターで、これを預かってもらえるか、おそるおそる聞いてみると・・・。あっさりと「自転車ですね、大丈夫です。全く問題ありません。」これで、安心して出発の日を迎えられる・・・ 🙌 。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする