下書き用のxpWikiを新規インストールした〜MacOSX自宅サーバ構築その39

xpWiki新規インストールのわけ

この日記を含む「汎用メモ帳」と「北海道の滝めぐり」は、xpwikiを使用している。

このモジュールを使うと、というか、wiki書式に慣れてしまうと、他のモジュールを使ってみようという気がしなくなる。ただ、一度書き始めると、ある程度体裁が整うまで書き上げないと、中途半端な形のまま公開されてしまうのが欠点。

また、xpwikiにはpukiwiki標準のプラグインや、xpwiki独自のプラグインがたくさんあり、その使い方を勉強するのに、すでにインストールしてあるxpwikiモジュールを使うのがイヤなこともあって、あらたに下書き&プラグイン試用のためのxpwikiモジュールをインストールした。

下書きとテストのため非公開モジュールとした

ただし、目的が上に書いたとおり、管理人のための落書き帳なので、管理人専用のモジュールとした。ゲストはもちろん、登録ユーザ(こんなサイトに登録する人なんていないと思うが・・・)になっても、このモジュールにはアクセスできないのであしからず・・・ 。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする