体調不良2年1ヶ月〜明和病院通院

札幌明和病院は平成27年10月から「札幌朗愛会病院」と名称変更しました。この記事は2009年7月に書いたものをリライトしたものです。

明和病院で診察

2ヶ月に一度の診察の日。突然からだが動かなくなってから、もう2年が経った。

体調不良始まり〜突然息苦しさを感じたあと体に力が入らなくなった

今では無理をしなければ、滝見もできるし、ほぼ毎日、往復20kmの自転車通勤もしているし(カミさんがかってくれたESCAPE R3という、すばらしいチャリがあってこそだが・・・)、最悪の時から比べると、よくここまで回復できたものだとうれしく思う。

ただし、規則正しい生活をし、睡眠時間は必ず8時間はとること、そして、まだ薬を服用していること。これがあって、普通に生活ができている。

ちなみに 睡眠時間が6時間程度しかとれないと、体を動かすのが億劫になるし、帰宅時間が22時を越える日が続くと、次の休みはほとんど寝ている。

パキシル錠服用をやめてみることにした

服用している2種類の薬のうち、パキシル錠(10mg)は、今年2月から週2回に減らして様子を見ていた。

前回4月の診察時には、頭がふらっとするような変な感覚があったのだが、ここのところ、その感覚はほとんどなくなっていた。

体調不良1年10ヶ月〜明和病院通院

主治医の院長先生にそのことを話すと、パキシルをやめて様子を見ようということになった。やめて調子が悪くなるようなら、週2回のペースで飲み続けるとの但し書きつきではあるが・・・。

なにはともあれ、院長先生が、やめ方がむずかしいと慎重になっていたパキシル錠をやめることは、大きな進歩であることには違いない。もう一つのソラナックス錠については、これまでどおり、一日3回の服用。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする