Value DomainのDNS設定-新サイトの公開〜MacOSX自宅サーバ構築その38

新自鯖の構築から半年以上たつ。旧サイトのコンテンツは、まだ半分も移行が済んでいない。でも、基本の形がだいぶ整ってきたし、どこでもメモ帳として、どこからでもサイトを更新するため、今日、公開するための作業を行った。

この作業の前に、VALUE-DOMAINから、独自ドメインを取得しておく必要がある。詳しい説明はVALUE-DOMAINのページを参照のこと。

ダイナミックDNS機能 | VALUE-DOMAIN ユーザーガイド

VALUE-DOMAINのネームサーバに変更

ネームサーバをVALUE-DOMAINが提供しているネームサーバーに変更する。

ダイナミックDNS機能とは、接続のたびに変わるIPアドレスとドメインを自動的に結びつける機能。固定IPアドレスがなくても、自宅のパソコンをサーバとして公開できる。

当サイトでは、VALUE-DOMAIN独自のダイナミックDNS機能を利用することにしたため、VALUE-DOMAIN独自のネームサーバーに変更する必要がある。 この設定は必ず、サーバ機でValue-Domainにアクセスし、設定する。

ログインした後、ユーザーコントロールパネルのドメイン操作から「ネームサーバーの変更」をクリックする。

value domain NS01

ドメイン名を選択し、「変更」ボタンを押す。

value domain NS02

下画面が現れるので・・・。

value domain NS03

方法選択:VALUE-DOMAIN独自のネームサーバー(国内)
ネームサーバ入力欄に

  • NS1.VALUE-DOMAIN.COM
  • NS2.VALUE-DOMAIN.COM
  • NS3.VALUE-DOMAIN.COM

を入力し、変更ボタンを押す。

value domain NS04


正常に終了すると、下画面になる。

value domain NS05


これで、DNSサーバの変更は終了。

DNSレコード/URL転送の変更

DNSレコード(Aレコード)を変更する

ユーザーコントロールパネルのドメイン操作から[DNSレコード/URL転送の変更]をクリック

value domain NS06

ドメイン名を選択して、「変更ボタン」を押す。

value domain NS07

IPアドレス検出CGIをクリックする。

value domain NS08

別ウィンドウに、自分のIPが表示される。これを設定フィールドの「a * 0.0.0.0」0.0.0.0(IPアドレス)の部分に書き換える。

value domain NS09

これを設定フィールドの「a * 0.0.0.0」0.0.0.0(IPアドレス)の部分に書き換え、保存ボタンを押す。

value domain NS10

保存後数分待って、動作を確認する。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする