奥尻島をESCAPE R3で走るついでにホヤ石の滝を見る旅の計画

奥尻島ツーリングと滝見の旅

今年のゴールデンウィークは、暦通り休んでも5連休。うちの会社はメーデーが祝日になっているので6連休になる。

長い休みじゃないと行けない場所で、ちょっと長い距離を走ってみたくなった。もちろん改造したESCAPE R3で。ついでに滝見もできればいいなと思って、奥尻島に目を付けていた。島を1周してもおよそ70km。そして「ホヤ石の滝」という道路地図にも載っている滝もある。

瀬棚から出るフェリーは、お昼前に島に着く。ここから島を半周して西側に回ると、神威脇地区というこの島唯一の温泉がある場所に着く。青苗経由で回ると、途中にホヤ石の滝がある。

神威脇で一泊すれば、次の日は同じくらいの距離を走ってフェリーターミナルに着く。フェリーの出発時間は12時45分。北側は標高400mほどの山道になるようだが、距離的には40kmほどなので、朝早く出発すれば。乗り遅れることもないだろう。

民宿かきざきに宿泊の予約

こんな想定をして、神威脇にある民宿に電話をしてみる。この地区には民宿が2軒、ホテルが1軒あるのだが、最初に電話したのは民宿「かきざき」さん。温泉まで歩いて1分で行けるということだけで決めた。

ゴールデンウィークまで1ヶ月もないこの時期なので、すでに満室になっているだろうと、半分以上ダメもとだったのだが、5月2日(土)なら空き室があるということで、ためらわず即決で予約を入れる。1泊8000円とのことで、民宿としては高めだが、これはこの島の相場と考えられる。

無理せずいい旅にしたい

2日で70km、1日あたり35kmというのは、サイクリングというにはあまりに短いが、昔のように体力があるわけでもないし、無理もできない体なので、今の自分にとってはちょうどよい距離だと思う。滝見もできるし、いい旅にしたい。

ただ、峠越えができるかどうかちょっと不安だが、その時の体調と相談して、だめなら同じ道を戻ればいいとしよう。

なお、宿など、奥尻島の基本的な情報は「おくしり 愛 らんど ネット」さんのサイトを参考にさせてもらった。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)


奥尻島の宿を楽天トラベルで調べる


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする