自転車用ヘルメットを購入するため試着してみた〜3

頭の形が全然違うんだ、日本人と欧米人では!

某自転車専門誌に、ヘルメットの特集記事が載っていた。

日本人と外国人(主に欧米系をさしていると思われる)とでは、頭の形が異なるので、ヘルメットもヨーロッパ製のものは日本人の頭には合わないことが往々にしてある・・・とのこと。

上から見た時の頭の形が、日本人の場合はほぼ円形であるのに比べ、欧米人の場合は前後の長さが横幅よりも大きく、楕円形なのだそうだ。

先日試着したBELL社(アメリカ)のものは、たしかに頭に入る大きさでも横がきつく感じた。GIRO社(イギリス?)のものについては、通販店の紹介でも「横幅が狭い」と表記している事が多い。

日本人には日本製のヘルメットがいい?

さらにブログ検索で、頭が大きく、ヘルメット選びに困っている人は「OGK」社の「GAIA」というモデルを試してみるとよい、というのを見つける。

OGK社についてはノーチェックだったのだが、この時はじめて日本のメーカーであることを知る。ということで、DEPO大曲店に行ってみることにする。

OGKのガイアがピッタリ

前回来た時は、Bellのものしか考えていなかったので気づかなかったが、OGK社のものもけっこうラインナップが揃っていた。GAIAのXLサイズも展示されていた。

GAIA (OGK)

GAIA (OGK)

試着してみると、いままで悩んでいたのが嘘のようにしっくりくる。しかもベルトを少し締めた状態でピッタリなので、これなら冬の寒い季節で、防寒キャップをかぶっても入るだろう。

そして見た目。大きいサイズだから、さぞかしキノコ度が高いんだろうな、と思いきや、いままで試着した中で一番キノコ度が低い。

もうこれしかない。ここ2週間の悩みが、完全に払拭された。あとは色で悩むくらいか?

ちなみに、OGKの他のモデルを試してみたが、どれも頭に入らなかった。あらためて、自分の頭の大きさに唖然としてしまった。(身長は167cmで、どちらかというと低い方なのだが・・・ 😟 )


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする