自転車用ヘルメットを購入するため試着してみた〜2

秀岳荘白石店の自転車売り場はすごい

秀岳荘白石店に、滝見関連の用具を見に行く。SOTO(ソト)の レギュレーターストーブ ST-310の現物を見るのがメイン、だったのだが・・・。地下1Fの広いスペースに、自転車コーナーが設けられているのに気がつく。所狭しとスポーツ車が展示されている。Giantの「GREAT JOURNEY」、サーリーの「Cross-Check」にはちょっと感激。フォールディングバイクや、小径車に力を入れているようで、DAHON、BROMPTON、BD-1、Brunoなどが展示されていた。

秀岳荘白石店でヘルメット試着

自転車用グッズも豊富で、ヘルメットももちろん置いてある。BellのCitiもあった。が、サイズが小さくてかぶることができない。

Bell社の製品で唯一かぶることができたのはTritonというモデル。試着してみたが、先週DEPOで試着したメトロポリス同様。頭の横側が当たる感じでフィットしているとは言い難い。

Triton(Bell社)

Triton(Bell社)



かぶったものはすべてキノコ状態

自分の頭って、こんなにデカかったっけ?この頭に合うヘルメットはあるのだろうか?ちなみに鏡で見てみると、モロ「きのこ」状態。ヘルメットはあきらめるしかないのか?

先週、DEPO大曲店で見たメトロポリスでがまんするか?でも、ネット情報では、ヘルメットは使わなくても劣化するということ、このモデルは2007年のものということなので、これに1諭吉近く出資するのは気がひける。

ほしいほしい病

まあ、本格的な自転車シーズンにはまだ時間があるし、もう少し調べてみることにしよう。それにしてもミニベロやフォールディングバイクには、かなり気をひかれた。サーリーにも・・・。また、欲しい欲しい病が再発しそうだ・・・ 😟


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする