地下鉄福住駅駐輪場の除雪をお願いしたい〜冬の駐輪場で疑問に思ったこと

久しぶりに自転車通勤。自宅から地下鉄福住駅までの約3km。雪道を走るのは体力を使う。雪のない時期に、会社まで走るのと同じくらい疲れる。それはともかく、ちょっと変だなと思ったことを書く。

駐輪禁止の場所に駐輪するのは良くないが・・・

地下鉄福住駅ターミナルビルの西側には駐輪場が設置されている。ビルの西側の面には、非常口が何カ所か有り、その奥に駐輪スペースが設けられていて、非常口の手前には自転車を置くことは禁止されている。非常時の通路の確保のため、当然の事である。(自転車の季節になるとそんなことはおかまいなく、非常口手前に自転車を止める輩がたくさんいるのだが・・・ 😠 )

駐輪場に雪が積もり自転車を止められない

北海道はまだ冬真っ盛り。いたるところに雪が積もっているが、非常口前はきれいに除雪され、避難通路を確保してある。しかし、その奥の駐輪スペースは、申し訳程度に除雪されているだけで、30cmほど積もった雪の上に自転車を置くことになる。(下画像)

地下鉄福住駅駐輪場

除雪されていない地下鉄福住駅駐輪場




5台程度しか止めることができないが、この時期でもここまで自転車で来る人は、自分も含めてその倍以上はいると思われる。

雪の上の駐輪スペースに置くことができなかったのであろう自転車が一台、駐輪禁止スペースに止めてある。この自転車には、下画像のように警告の紙が貼られていた。

警告の紙が貼られて自転車

警告の紙が貼られて自転車

警告の前に除雪をお願いしたい

確かに安全確保上当然の処置のように思えるが、その前に、駐輪スペースの除雪をやることが先決なのではないだろうか?

除雪をしないということは、冬には自転車に乗るなとでもいっているのだろうか?現実として冬に自転車に乗る人はそれなりにいるわけで、冬に自転車に乗ってはいけないという法律もない。

駐輪禁止スペースに自転車を止めることは許されることではないが、この時期にでも自転車に乗る人がいることがわかっているならば、駐輪スペースもしっかり除雪をしたうえで、ルールを守らない人には警告なり、強制撤去なりするべきではないだろうか?


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする