ESCAPE R3用にホイールを注文

WH-R500を注文

ESCAPE R3用に完組ホイールを注文する。シマノで一番廉価なWH-R500。もともと走りが軽いESCAPE R3だが、ホイールを換えることでさらに快適な走りをめざすのが目的。

WH-R500

WH-R500 シマノ

楽天市場のレビューをみると、「値段のわりによく転がる」「コストパフォーマンスがよい」など、悪い印象は全くない。最近のものには、リムテープも標準で付属し、さらにお買い得とのこと。

そんなことで、このホイールはけっこう人気があるらしく、注文してもいつ入荷されるかわからないという情報もあり、雪がとけてチャリ通を再開したら、すぐ新しいホイールでのれるよう、春はまだ遠いこの日に発注をかける。チャリ通でういた通勤補給金のストックもあることだし・・・。

注文したのはもちろんサイクルショップナカムラ。ネットで買う方が、送料をいれても安いのだが、スプロケットの取付工具をもっていないし、買う気もない。さらに、工具があったとしても、自分でうまく取り付けられるかは疑問。

こういう作業は、専門職人に任せるのが一番。いつころ入るか聞いてみたが、予想通り、いつになるかわからないとのこと。気長に待つことにしよう。

ギア比のこと

ホイールを換えて走りが軽くなったとすると、ギア比にも不満が出てきそう。フロントのアウターは48Tで、スプロケットの最小は11T。これがESCAPE R3の標準仕様だが、無風状態の平地を走らせると、もう少しギア比が大きくてもいいなと思っていた。

せっかく来たついでに、その旨を聞いてみると、クランクのギアを52Tとか53Tにするしかないとのことだったが、ちょっと大事になるのと、ギア比を大きくしたはいいものの、脚力がついてこなかったら無駄な投資になるので、これは新しいホイールで走って見た後で考えることにしよう。

シマノ WH-R500のレビューはこちらを参照した。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

2018年2月追記
WH-R500は2011年にWH-R501にモデルチェンジしています。走行性能はほとんど変わらないそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする