waitingモジュールのインストール〜MacOSX自宅サーバ構築その31

waitingモジュール

waitingモジュールは、プラグインで拡張可能な承認待ちコンテンツブロック。

モジュールごとに承認設定をすることなく、プラグインをモジュール内に入れておくことで、一括して承認待ちコンテンツを表示してくれる。

大概のモジュールが対応しているので、とりあえずインストールしておく。

waitingモジュールのダウンロード

PEAK XOOPSサポート&実験室さんのこちらのページから。

インストールと設定

ダウンロードして解凍すると、「modules/waiting」フォルダができるので、waitingフォルダをXOOPS_ROOT_PATH/modulesにアップして、Xoops標準のインストールを行う。

アクセス権限は、サイト管理者のみに設定し、ALTSYSのブロック管理で、サイトの適当な場所にブロックを表示させる。

当サイトでは、トップページのみ右ブロックに表示させることにした。なお、メインメニューには表示されない。

Waitingモジュール


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする