体調不良1年6ヶ月〜明和病院通院

※札幌明和病院は平成27年10月から「札幌朗愛会病院」と名称変更しました。この記事は2018年2月に書いたものをリライトしたものです。

パキシル錠のやめ方について

今日は2ヶ月に一度の心療内科での診察。

昨年夏の体調不良の時から比べると、もう、ほとんど完治しているように思えるほど、体調はよい。

ただ、服用しているパキシル錠を急にやめると、リバウンドといって、症状が再現することがあるらしいので、主治医の先生は、この点だけを慎重に見極めているようだ。

診察時間は10分ほどで終了。

首の痛みについて

来たついでに、痛みがとれない首について話をする。清田整形外科で診察してもらったが、特に異常は見られなかったこと、出された薬のことをいうと、ここの病院でも処方できるとのことだったので、2週間分出してもらった。

2008年12月15日(月)


ついでに首の痛みについて11月25日付けのメモを掲載しておく。

首痛で清田整形へ

2週間ほど前から出ていた、肩から首にかけての痛みがとれない。

痛み止めをのんでごまかしてきたが、今朝は痛みで目が覚め、体を起こそうとするだけで頭痛が走る。起きてからも、心臓の鼓動に合わせて痛みがズキズキ走る。

病院に行っても、痛み止めと湿布を出されておしまい、と、わかってはいるものの、2週間も痛みが治まらないのはやはり異常だ。朝一で会社に遅れる旨を連絡して、清田整形外科へ行く。

レントゲンをとってもらうが、それを見る限りでは異常なし=予想通り。気になるのであれば、MRIでの精密検査を勧められるが、今回もそれは断る。

痛み止めの筋肉注射をうってもらい、飲み薬と湿布をもらって出社。

処方してもらった薬

2008年11月25日(火)


(このページの記事はすべて旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする