ランドナーを整備点検に出す

ランドナー(Travzone)整備点検

ESCAPE R3を購入してから、オンロードはESCAPE、ランドナーTravzoneはオフロードと冬道走行にと、使い分けすることに決めていた。

体調的なこともあって、Travzoneの出番が非常に少ないのだが、ふり返って思うに、購入して約10年、チェーンを交換した以外はまともに整備もしていなかった。

最近では高級車にしか見られない、クロモリフレームの細身のスタイル、そしてゆったりのんびりきままに走ることが出来るTravzoneも、この先まだまだ現役でいてもらいたい。

以前からホイールの振れが気になっていたこともあり、気が向けばすぐに林道を走れるよう、そしてまだ先のことではあるが、冬の走行に備えて、一度オーバーホールすることを考えていて、今日、整備点検に出すことにした。依頼先は、ESCAPE R3を購入したサイクルショップ ナカムラ

サイクルショップ ナカムラのメンテナンスについては、同店のウェブサイトのこちらのページを参照。今回は、ホイールの振れ取りが入るので「しっかり(レーシング)メンテナンス」コース()を選択。

ついでに、購入以来一度も取り換えることもなく、かなり固くなっていたブレーキシューを新品交換してもらうことにした。

さらに、林道&冬道走行ではドロップハンドルはちょっと扱いづらいので、フラットバー化について聞いてみたが、「せっかくのドロップハンドルなんだから、このまま乗った方が格好がいいですよ」と、やんわりと断られた。

ま、今回は総合的なオーバーホールがメインだし、フラットバー化については後日、じっくり考えることにしよう。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)




この記事を書いた2008年当時はメンテナンスコースがいくつかあってその中の一つに本文中に記したコースがありましたがリライトした2018年2月時点では不明です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする