XOOPSサイトメンテなど 2008年5月編

2008年5月に行った自宅サーバ上のXOOPSサイト関連の作業についてまとめました。また、アクセス数のメモも合わせて記録しておきます。

アクセス数3万越え

今日、当サイトのアクセスカウンタが、3万を超えた。つたないサイトであるにもかかわらず訪問いただき、ありがとうございます・・・ 🙂

2008年5月3日(土)

※ アクセス数2万を超えたのが4月5日(日)。1ヶ月たたずに1万アクセス。

サイトマイナーチェンジ

メニューバーを変更
altsysモジュールのアップデート0.55→0.58
bullitinを試しにインストールしてみる

2008年5月6日(火)


xpWiki動作不良-1 現象

症状
attachプラグインで画像ファイルを添付し、refで参照するが、light boxでの表示ができないに気づいた。

  • #ref(ファイル名,mw:200)と記述してページを作成したあと、表示されるリンクをクリックして画像を添付すると、mwで指定した大きさの画像は表示されるが、リンクにならない
  •  (正常動作は、リンクになり、クリックすればlight boxで元画像が表示される)

  • attachで添付した画像の「ファイル詳細」ページに表示される画像がリンクにならない
  •  (正常動作は、light boxで元の大きさの画像が表示される)

  • root_path/xpwiki/attach/sの中身を見ると、サムネールが作成されていない

2008年5月9日(金)


xpWiki動作不良-2 解決

サムネールが作成されていないことで、imagemagickの動作を確認する。
インストールしてあるmyalbum-pの管理画面から動作チェッカーを見ると、

/imagemagickのパス/convert can’t be executed

の表示あり。とりあえず、こちらのパスを通すことにする。

ちなみに、imagemanagerはxoops標準ではなく、myalbum-pのものに変更してある。
php.iniを編集して、動作を確認すると、サムネールがきちんとできているので、imagemagickというか、convertの動作には問題がないことがわかる。

パスが通っていないといえば、xpWikiでもImagemagickを使う際のパスの設定があることを思い出した。xpwiki本家のこちらのページを参照して、execpath.inc.phpを作成してtrust_path/class/hyp_commonに入れる。

考えたら、xpwikiのバージョンが3.56くらいの頃までは、バージョンアップのたびにこのファイルをきちんと入れていたが、それ以降のバージョンアップでは忘れていて、新しいページを作成するのに画像は使っていなかったので、いままで気づかなかったということだ。

2008年5月10日(土)


xpWikiアップデート

3.71.23→3.71.30

2008年5月18日(日)


xpWikiアップデート

3.71.30→3.71.36

2008年5月25日(日)

※ 大腸内視鏡検査→ポリープ切除で入院し退院したその日の作業だった

(このページの記事はすべて旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする