新自転車購入にあたり考えたことその2〜クロスバイクがよさげ?

購入候補の自転車の特徴をまとめてみた

自転車購入を決めてから、暇さえあれば、ネットで口コミ情報を見て回る。自分なりに理解したことをまとめると・・・

OCR3

ロードの入門用で、10万円をきる値段ながら、走りの方で不満を感じたという書き込みは、調べた範囲では皆無といっていいだろう。

本格的なレースに出るなら、?十万もするものにはかなわないと思うが、町乗りするには十分すぎるスペック。

2008 Giant Bicycle [OCR 3] -outline-2008 Giant Bicycle [OCR 3] -outline-


FCR2

フラットロードのはしりといわれるモデルで、ドロップハンドルが苦手の人でも、手軽にロードを楽しめる、といった感じなのだろうか? 

自分はずっとランドナーでドロップハンドルに慣れているので、その辺は購入する時のポイントにはならないが、けっこうかっこうがいいし、この価格でフロントフォークが「カーボン」というのが魅力だ。(といっても、実際の所、何がいいのかはよくわからない。カーボンフォークだと、振動を和らげてくれるので、ある程度長距離を走った場合に、アルミフォークに比べると疲労度が軽減されるということらしい)。

あと、フレームが短距離を高速で走るのに適した形をしている、という書き込みをみた。

2008 Giant Bicycle [FCR 2] -outline-2008 Giant Bicycle [FCR 2] -outline-


以上の2つのロードについては、タイヤサイズが700ー25Cということで、一般的なロードより太めらしい。

それでも町乗りの際には、パンクの心配があるのだが、実際の所どうなんだろう。といった書き込みが目に付いた。が、空気圧を適正にすれば、多少の段差を走ったりする分には問題ないという回答が多かったように思う。

町を歩いていても、細いタイヤですいすい歩道を走る人をよく見かけるから、この辺の心配はあまりしなくてもよいのかもしれない。

ESCAPE R2とR3

フレームはシリーズ最上位のR1も含めて同じものらしい。

大きく違うのは、フロントフォークが、R2はカーボン、R3はアルミ、それと、ギヤチェンジがR2ではシフトレバーを使うのに対して、R3はグリップシフトであることの2点。他のパーツのグレードにも多少差があるようだが・・・。

タイヤサイズは700−28Cと、上記ロードに比べると若干太くなる、といっても、今乗っているランドナーに比べたらはるかに細いし、デメリットにはならないことは間違いない。

R3の書き込みは、人気機種だけ合ってたくさんあったが、その中でちょっと気になったのは、純正のフェンダーを取り付けた場合、タイヤとの感覚がぎりぎりで、すぐ接触してしまう、というものがけっこう多かったこと。

ひどいものになると、あきらかに設計ミスだという物まであった。多少の雨なら自転車に乗ることを想定している自分としては、フェンダーは必須のものと思っていたので、不安を覚えた。

2008 Giant Bicycle [ESCAPE R3] -outline-2008 Giant Bicycle [ESCAPE R3] -outline-


2008 Giant Bicycle [ESCAPE R2] -outline-2008 Giant Bicycle [ESCAPE R2] -outline-



値段と用途のバランスを考えるとクロスバイクになるのかな?

ああでもない、こうでもないと考えている内に、ハンドルにシクロバッグを付けることを思い出した。

このバッグは今乗っているランドナーに取り付けているが、ドロップハンドルではぎりぎりのサイズのため、バッグの横に付いているペットボトル入れや、携帯電話入れのスペースが全く使えない。

そんなことで、形的には一番格好がいいドロップハンドルのOCR3は却下する。また、FCR2も町乗りとしては贅沢に思えてきたし、長距離を高速で走るような年でもないので、これも却下することに。

残るはR2かR3かの選択と、それとは別に、他のメーカーでこれはという物はないか?あと、実物をよく見ていないので、実際に目で確かめること、特にフェンダーのことや、カーボンとアルミのフォークの違いなんかも聞いてみたいので、明日時間があれば、自転車屋さんに行くことにする。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする