スパイクタイヤ取り付け(後輪編)とサイコン購入

スパイクタイヤ取り付け

昨日できなかった、後輪のスパイクタイヤ装着を行う。

前輪を組み立てた後だったので、今日は以外とスムースにできた。元のタイヤをはずし、チューブ用の穴を拡げ、スパイクタイヤを装着。

昨日もそうだったが、リムに完全にタイヤがはまるまで、あと20cmくらいのところで急にはめるののがきつくなり、へらの力を借りてなんとかはめ込むことができた。

タイヤをよくもんでから空気を入れてみる。問題なさそうだ。フレームに全後輪を付けて完成。今日の作業は40分ほどで終了。

圧雪の上を少し走ってみるが、グリップがしっかりしてスリップの気配は全くない。想像以上に効果がありそうだ。

サイコン購入がてらスパイクタイヤのランドナーを走らせてみた

一休みしてから、3kmほど離れたスポーツDEPOに走らせる。この前買った、モンベルのネックゲーターも試してみる。

歩道はほとんど圧雪状態。たまにあるアイスバーンもほとんど問題なく走ることができた。というか、アイスバーンの方が、ペダルが軽くなり、圧雪よりも走りやすい。自転車用のスパイクタイヤ、こんなに効果があるものだとは思っても見なかった。

気温がそれほど低くなかったせいか、10分も走らない内に、首の周りが暑くなってきた。ネックゲーターも想像以上に効果があることがわかった。

さら走ると暑さに耐えられず、途中ではずすことにした。DEPOに近づくと、歩道がシャーベット状の所が多くなってきた。さすがにこの状態は走りづらい、というよりも走れない。片足を付きながら進む。

サイコン購入

30分ほどでスポーツDEPO大曲店に到着。

ここには自転車コーナーが割と広くとってあり、各種スポーツ車がたくさん並んでいる。Giantの製品が多いようで、クロス、マウンテン、ロード、いずれも入門用といえるモデルだが、たくさん並んでいる。

Rock5000は2007年と2008年モデルがあった。OCR3は、実物を見るととてもかっこいい。なんか欲しくなってきた。

体調もまだ、完全ではないもののかなりよくなっているように思う。薬はずっと飲み続けてはいるが・・・。体力を回復させるため、暖かくなったら自転車通勤でもしたくなってきた。


それはともかく、サイクルコンピュータを見てみる。よく下調べしてこなかったので、何を買っていいのかわからないが、とりあえず、ワイヤレスで手頃な値段だったCAT EYEの「CC−MC100W」というやつを買う。

CC-MC100W

サイクルコンピュータCC-MC100W

CC-MC100W付属のタイラップが使い物にならなかった

家に帰って早速付けてみるが、失敗だったかもしれない。本体、センサーとも付属のタイラップで固定するのだが、このタイラップが全然使い物にならない。

1本は絞めようとして強く引っ張ったら切れてしまうし、他のものは引っかかりがゆるくて、全然固定できない。仕方がないので、家にあったもので代用してなんとか固定した。動作は問題なさそうだが、悔いが残る買い物となった。

追記 CC-MC100Wは買って正解

本文で悔いが残ると表現したのは「タイラップの出来が悪い」ことのみ。

1年弱使って見ての感想は、予備知識なしで勝った割には正解だったこと。雨にはもちろん、気温が氷点下の寒い日の使用も、全く問題がない。ケイデンス計測が必要なければ、価格的にもお買い得。


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする