体調不良54日目〜泌尿器科で男性更年期障害の検査結果を聞きにいったが・・・

泌尿器科検査の結果は異常なし

世の中的にはお盆休みもあけて(自分的には普通の1週間だったが・・・)泌尿器科での血液検査の結果を聞きに行く。

男性更年期障害は、男性ホルモン「テストステロン」(男性の性的特徴や精子の生産に強く関わりのあるホルモン)が、低下することが一因と考えられているとのこと。

このとき現れる症状も、現在の状況によく似ているので、問題があると思われるのだが。

で、検査の結果は・・・・医師のあっさりした一言

「泌尿器科的には全く問題はない」

つまりテストステロンの量は問題ないし、その他、考えられる要因についても問題はないとの事。

体の状態は、検査をした2週間前と全然変わっていない。メモ帳には、一言「体調、あまりよくない」と書かれている日が何日かある。原因把握のため、いよいよ心療内科でみてもらわないとだめか?


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする