道北滝見ツアー1日目 雄冬岬の滝見学と天狗の滝下見

はじめに

道北滝見ツアー。今年初めて、泊りがけでの滝見初日。いつもだと早朝から行動を開始するのだが、起きることができず、なんと8時50分出発。

雄冬岬と小平町へ

ちんたらちんたら国道231号を北上し、12:00ころ雄冬岬近くにある「無名の滝」に到着。

さくっと撮影を終え、コンビニで弁当を買って食べ、14:00すぎ小平町「天狗の滝」遊歩道と思われる場所に到着。

散策してみるが、途中にあるつり橋手前で通行止め。滝を見ることはできなかった(が、これはある意味予定通り)。

雄冬岬の無名滝については下のサイトを参照ください。
雄冬岬の滝 (仮) (石狩市 旧浜益村) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

雄冬岬の無名滝

雄冬岬の無名滝

雄冬岬の無名滝 核心部

雄冬岬の無名滝 核心部

小平町天狗の滝下見詳細

以下、旧滝サイトから天狗の滝(小平町)の下見の様子を転載しておきます。

はじめに

ネット情報では、滝までの遊歩道がここ数年通行止めになっているという。この遊歩道がどこを通っているかだけでも、確認だけでもしておきたいと思い足を運んでみる。

天狗の滝への林道まで

国道232号線を、留萌から北上。小平町市街中心を越えてまもなく、道道126号小平幌加内線に入り、小平ダムによってできた人工の湖、小平蘂湖をめざす。

この湖にかかる滝見大橋(湖の上にかかる橋としては北海道で一番長い900m)を渡りきってすぐ、左手に林道の入口がある(車を普通の速度で進めていると見落としてしまうかもしれない)。

林道には通行止めの鎖がかかって、すぐ行き止まりになるが、写真2の様な感じで車を止める。

滝見大橋出口付近

滝見大橋出口付近

林道の様子 駐車位置から先は通行止め

天狗の滝への遊歩道(?)を進む

写真2の車を止めた位置の左側、湖の方に進むように、遊歩道っぽく砂利の道がのびている。昔は車を乗り入れられたような感じだが、今はできない。通行止めの看板もかかっている。

とりあえず進めるところまでは進んでみよう、ということでトレッキングシューズにはきかえ準備する。

湖の方にのびる遊歩道

湖の方にのびる遊歩道

天狗の滝遊歩道はやはり通行止めだった

通行止め看板から、100mほど進めば湖が見えてくる。進行方向後ろ側に滝見大橋、前方には滝がかかる天狗沢川であろう沢地形が見られる。

このまますなおに遊歩道を進んでいけば、滝が見られそうな感じだ。しかし、ここから200mほどのところ、吊り橋の手前で完全に通行止め。

これを無視して進むのはさすがに気がひける、というか危険そうなので今日はここで引き上げることにする。

遊歩道の様子

遊歩道の様子

遊歩道から見る滝見大橋

遊歩道から見る滝見大橋

天狗沢川方向を見る

天狗沢川方向を見る

上のアップ

上のアップ

吊り橋手前で通行止め

吊り橋手前で通行止め

道の駅でマグネット購入

この日の滝見はこれで終了。以下、道の駅のマグネットを買う
14:45頃 「おびら鰊番屋
15:00頃 「風Wとままえ」これは今年オープンした新しい駅
15:35頃 「ほっと♡はぼろ

ピッシリ山登山道の下見と車中泊

ここでマグネットをゲットした後、翌日予定のピッシリ山登山道までの下見を行う。

ほっと♡はぼろ」に戻って入浴。大人550円はリーズナブル。天然温泉で、露天、サウナもあり、シャンプー、ボディシャンプーあり。

羽幌の夕日を見たあと、道の駅駐車場で車中泊。

羽幌の夕日

羽幌の夕日


(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする