遠軽町(旧丸瀬布町)の滝見とスタンプラリー道東・道北編2

(この記事は旧自宅サーバから転載したものです)

はじめに〜山彦の滝

道東・道北の滝見ツアーの2日目。丸瀬布の道の駅からのスタートでした。

朝4時前に目が覚める。5月6月とは違ってあたりはまだ真っ暗。もう一眠りしようとするが、体が痛くてねられない。

30分程たって東の空が白んできたので行動開始。まだ暗い中を「山彦の滝」めざして車を走らせる。15分後遊歩道手前の広い駐車場に到着。行動するには暗すぎるので、寒さ対策など散策準備をする。

山彦の滝散策の記録については下のページを参照ください。
山彦の滝 (遠軽町) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

山彦の滝

山彦の滝 2006年9月24日撮影




ろうそくの火

滝の下にはたくさんのろうそくに火が灯されていた

鹿鳴の滝はちょっと荒れていました

あいかわらず優雅なたたずまいと、不動様に灯されたろうそくの炎に癒されたあと、「鹿鳴の滝」へ進む。2年前は山彦の滝から続く遊歩道を通ったが、今回は鹿鳴の滝遊歩道がどのようになっているかを確認する事にする。

鹿鳴の滝については下のページを参照ください。
鹿鳴の滝 (遠軽町) | 北海道の滝めぐり 〜リターンズ〜

鹿鳴の滝

鹿鳴の滝 2006年9月24日撮影

神居滝は渓流の流れでした

落ち口の倒木が景観を損ねているのにちょっと不満を覚えつつ、次は初めて訪れる「神居滝」。

滝そのものよりも、武利川の流れが滝上渓谷のミニ版という雰囲気があり、かつちょうどはるか向こうの山の上から太陽が昇ってきたタイミングもあって、とても印象的な滝見となった。

神居滝

神居滝 2006年9月24日撮影

人慣れしたキタキツネ

今日の滝見はここまで。このあとは、ひたすらスタンプラリーの消化となる。(本来の目的は滝見のはずだが、ここまでスタンプを集めると、意地でも完走したくなってくる・・・?)

前回夜暗くなってから通っていやな思いをした丸立峠をこえて、滝上に向かうことにする。が、ちょうど十三滝林道分岐で通行止めとなっていて、思いっきり遠回りになるが遠軽へむかう。

通行止めになる手前で一匹にキツネが道路上でひなたぼっこ?をしていた。ふつう車が近づいてきただけで逃げていくはずなのに、このキツネは全く動じない。こちらがキツネをひかないようさけて通り抜けたくらいだ。もしかすると、エサをまっていたのではないか?もしそうだとするならば、ある意味不幸なキツネかもしれない。

キタキツネ

道道でひなたぼっこをしている(?)キタキツネ

このあと遠回りながら滝上町に行くのですが、文書、写真とも記録が残っていませんでした・・・・orz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする