自鯖 再立ち上げの記録 その4 滝のサイトが更新できない?

写真モジュールを変更 myalbum→xoopsgallery

昨日、PukiWikiデータが再現できたので、今日は残りのXOOPSモジュールをインストールする。

写真閲覧用にmyalbumを使用していたが、コメントの変更が少し面倒くさいように思われたので、xoopsgalleryを試しにインストールしてみた。

このモジュールはすでにサーバーにアップロード済みの写真も改めてアップできるので今回の用途にはうってつけだと思った。スライドショーができるのも後々いいかもしれない。

xoops/uploadsに入っている60余りある画像データの内、いくつかを入れてみるが全く問題ない。また、1ページにサムネールが9枚並ぶレイアウトも気に入ったので、当分これを使っていこうと思う。

ここまで来たらimac昇天前の状態に戻るのは時間の問題である。

Random Quotesインストール

次にインストールしたものは新規のモジュールで「Random Quotes 」。中国の故事を入力し、トップページの右ブロックに表示させるつもり。これも問題なくインストール完了。

滝サイトのトップページが更新できない?!

ここで、PukiWikiのトップページの更新を試みる。文面を訂正して更新ボタンを押すが変なメッセージが出て書き変わらない。

少し焦りつつもう一度やってみるがやはり同じメッセージが出る。試しに新しいページを作成してみるが結果は同じ。かなり焦る。

エラーメッセージは次のとおり

Runtime error
Error message : cannot write page file or diff file or otherFrontPage
maybe permission is not writable or filename is too long

滝サイトの更新はできるのか?

とりあえずPukiWikiMod編集の配信元「XOOPSマニア」のフォーラムに行くことにする。幸い同じメッセージが出てトラぶったスレッドを発見。

それによると「wiki」ディレクトリ内のテキストファイルのパーミッションに問題があるかもしれないとのこと。

調べてみると自分で書いたテキストファイルはすべてリードオンリーになっていた。 Terminalのコマンドを思い出せなかったので、OSXの「ファイル」→「情報を見る」から一つ一つパーミッションを変えてみる。

すべて書き換えたところで再度PukiWikiの編集を試みる。祈る気持ちで更新ボタンを押す。残念ながら結果は変わらず。同じメッセージが出る。

昨日とは正反対に、imac昇天の時と同じように落ち込む。が、明日は仕事始め、しかも朝早くから深夜までの仕事が待っているので、重い気持ちのまま寝ることにする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする